このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単にFacebook Connectが利用できる、PHP SDKの使い方

簡単にFacebook Connect認証ができる、公式PHP SDKの使い方を紹介します。
Facebookにログインして利用するWebアプリケーションを簡単に開発することができます。 FacebookConnect.png

Facebook PHP SDK

公式サイト:Facebook SDKs & Tools
GitHub:Facebook PHP SDK
動作環境:php 5.2以上(JSONを使うため、5.1系はphp-json モジュールが必要)
ライセンス:Apache Licence

上記サイトからダウンロードします。
サンプルファイルが含まれているので参考になります。

アプリケーション登録・設定

Facebookでアプリケーション登録をする必要があります。「Create New App」から登録します。
Facebook DEVELOPERS
  • App Name : アプリケーションの名前
  • Description : アプリケーションの説明

登録が完了したら、App ID/API Keysecretが発行されるので、PHP SDKのexample.phpに入力します。
とりあえずこれで、example.phpにアクセスするとFacebookアカウントでログインができます。

アカウント情報の取得

ログイン情報、アカウント情報などは、Cookieに保存されます。
一番よく使うと思われる、ユーザーネームは下記のようにして取得できます。 require 'facebook/src/facebook.php'; $facebook = new Facebook(array( 'appId' => 'XXXXXXXXXXXXXXX', 'secret' => 'XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX', 'cookie' => true, )); $user = $facebook->getUser(); if ($user) { try { $user_profile = $facebook->api('/me'); } catch (FacebookApiException $e) { error_log($e); $user = null; } } $name = $user_profile['name']; $id = $user_profile['id'];

プロフィール写真の取得

プロフィール写真も簡単に取得することができます。 <img src="http://graph.facebook.com/{$id}/picture" />

Facebookのログイン、ログアウト

ログイン、ログアウト用のURLは下記のようにして取得できます。 $loginUrl = $facebook->getLoginUrl(); $logoutUrl = $facebook->getLogoutUrl(); <a href="{$loginUrl}">login</a>

WordPressテーマ配布しています

レスポンシブWordPressテーマ LIQUID PRESS

BLOGを購読する

Twitter