このエントリーをはてなブックマークに追加

XOOPSで使えるテンプレート変数

XOOPSで使えるテンプレート変数を紹介します。 xoopstag.jpg XOOPSのテーマテンプレートでは、Smartyを利用しており、 セットされた変数や、if/else文が使えます。
変数をうまく利用すると、デザイン変更やSEO対策を簡単に行うことができます。

XOOPS Cube では下記のようなテンプレート変数が使えます。
変数には、管理メニューなどで設定した値や閲覧中のページ情報が代入されます。

テンプレート変数

変数
<{$xoops_url}>サイトのURL
<{$xoops_charset}>サイトの文字コード
<{$xoops_langcode}>サイトの言語
<{$xoops_meta_robots}>robotsの設定
<{$xoops_meta_rating}>ratingの設定
<{$xoops_meta_author}>サイトの著者
<{$xoops_meta_copyright}>サイトのcopyright
<{$xoops_meta_description}>サイトの概要
<{$xoops_meta_keywords}>サイトのキーワード
<{$xoops_themecss}>テーマCSSのURL
<{$xoops_sitename}>サイトの名前
<{$xoops_pagetitle}>ページのタイトル
<{$xoops_module_header}>モジュールのHTMLヘッダー
<{$xoops_block_header}>ブロックのHTMLヘッダー
<{$xoops_modulename}>モジュールの名前
<{$xoops_banner}>バナー
<{$xoops_isuser}>ユーザー判定
<{$xoops_uname}>ユーザー名
<{$xoops_contents}>コンテンツ
<{$xoops_showrblock}>ブロック表示判定
<{$block.title}>ブロックのタイトル
<{$block.content}>ブロックのコンテンツ
<{$xoops_footer}>フッター

ユーザー判定のサンプル

ログインユーザーの場合はユーザー名を、それ以外の場合はゲストと表示します。 ようこそ<{if $xoops_isuser}><{$xoops_uname}><{else}>ゲスト<{/if}>さん

タイトルSEOのサンプル

ページタイトルがない(トップページ)場合はサイト名+サイトの概要を、 ページタイトルがある(モジュールページなど)場合はページタイトル+サイト名を表示します。 <{if $xoops_pagetitle eq ""}> <title><{$xoops_sitename}>:<{$xoops_meta_description}></title> <{else}> <title><{$xoops_pagetitle}>:<{$xoops_sitename}></title> <{/if}>
次回は、テンプレート変数を使ったデザインのカスタマイズ方法を紹介します。

WordPressテーマ配布しています

レスポンシブWordPressテーマ LIQUID PRESS

BLOGを購読する

Twitter