このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

OpenPNE2、OpenPNE3 の違い、比較表

スポンサード リンク

オープンソースのSNS、OpenPNE2 と OpenPNE3 の違いについて紹介します。 pne.jpg

現状

OpenPNEは、株式会社手嶋屋が開発を行っている、オープンソースのSNSです。
2006年にOpenPNE2がリリース、2009年にOpenPNE3がリリースされました。
2011年8月現在、OpenPNE2は、安定版2.14が配布されていますが、新規開発は終了、今後は不具合修正がメインとなっています。
OpenPNE3は、安定版3.4と、開発版(beta版)3.6が配布されています。

主な違い

OpenPNE3は、OpenSocialAPI対応という点が大きな特長のひとつです。
SNSメンバー管理などのコア機能と、日記やコミュニティ機能が分離され、 各機能はOpenPNE Plugin上で開発、提供されます。 例えば日記はopDiaryPluginというプラグインで実装されています。
公式サイト:OpenPNE3.0特集
プラグイン配布:OpenPNE Plugins

また、OpenPNE3は、フレームワークにsymfonyを採用しています。
OpenPNE3本体のインストールやプラグイン追加は、SSH接続で行う必要があります。 基本的には、OpenPNE2のようにFTPでのファイルアップロードによるインストールには対応していません。 PHPも4系には対応していないため、動作環境がOpenPNE2とは大きく異なります。 レンタルサーバの場合、OpenPNE3に対応したサービスは多くはありません。

OpenPNE3 対応レンタルサーバ

下記、OpenPNE公式サイトで対応と明記されているサーバです。

機能の違い

OpenPNE3は、まずコア機能をベースに開発が進められています。
そのため、現状でもOpenPNE2の機能全てが実装されているわけではありません。 また、OpenPNE2からOpenPNE3へのアップグレードも可能ですが、未実装の機能は対応されません。
かわりに、OpenPNE3で初めて実装された機能もあります。 それぞれの機能の詳細は、下記比較表をご覧ください。

比較表

OpenPNE2.14OpenPNE3.4
概要
ライセンスPHPライセンスApache2.0ライセンス
推奨環境Apache・PHP 4.3.3以降
MySQL 4.0以降
PostgreSQL 7.4.x以降
Apache・PHP5.2.3以降
MySQL4.1以降
SSH
フレームワーク独自symfony
国際化対応×
OpenSocialAPI対応×
OpenID対応×
日記(opDiaryPlugin)
WEB全体に公開×
カテゴリ×
投稿確認画面×
コメント許可する・しない×
メール投稿
コミュニティ(opCommunityTopic)
参加者にメッセージを送る×
投稿確認画面×
コミュニティ書き込みメール受信設定×
メール投稿×
デザイン
カラム数23
ガジェット機能×
フリーページ機能×
その他の主な機能
あしあと
アルバム
メッセージ
CMD
アクティビティ×
アプリ×
お気に入り×
紹介文を書く×
レビュー×
ランキング×
ポイント・ランク×
スケジュール機能×
ファイルアップロード機能×
BIZ(グループ)機能×
ポータル機能×

人気記事